大阪歯科大学 教員情報      
   TOPページ   


  ニシウラ アキ
  西浦 亜紀   歯学部 歯学科   准教授
■ 最終学歴・学位
1. 大阪歯科大学大学院 歯学研究科 博士課程修了 博士(歯学)
■ 学術研究論文
1. Morphological alveolar changes with pre-surgical orthopedic treatment of the unilateral cleft lip and palate.  2012/04
2. A trial of alveolar cleft bone regeneration by controlled release of bone morphogenetic protein: an experimental study in rabbits.  2009/12
3. Comparative evaluation of the change in angulation between erupted and impacted third molars at the same root development stage, in non-extraction orthodontic treatment.  2018/04
4. Effect of premolar extractions on the soft-tissue profile of female adult Japanese orthodontics patients  2016/10
5. Evaluation of a new method for the isolation of cigarette smoke components for use in animal studies.  2013/04
6. 徐放性骨形成因子を用いた顎裂閉鎖術に関する実験的研究  2008/12
7. 下顎歯槽骨の構造と咬合力,咬筋および顎顔面形態との関係について−コーンビームCTを用いた評価−  2008/06
■ 学会発表
1. 舌縮小術を併用した骨格性開咬の一治験例(口頭発表,一般)  2017/07/02
2. タバコ煙成分が実験的歯の移動速度および骨吸収メカニズムに与える影響の検証.(ポスター,一般)  2015/11/19
3. 包括的タバコ煙成分が実験的歯の移動に与える影響と骨メカニズムの解明.(口頭発表,一般)  2015/06/07
4. 歯科矯正治療における垂直的コントロールについての考察
−開咬症例と過蓋咬合症例—
(口頭発表,一般)  2010/10/02
5. 27MHzQCMバイオマテリアルセンサの開発(ポスター,一般)  2008/11/18
6. 高感度QCMチタンセンサの開発(口頭発表,一般)  2008/09/21
7. 口唇形成術前の上顎歯槽弓形態計測方法の検討(1)−片側性唇顎口蓋裂について−(ポスター,一般)  2008/09/17
8. スパッタ法によるチタン水晶振動子マイクロバランスナノセンサの開発(ポスター,一般)  2008/09/17
9. 正常咬合者における三次元的平均顔の性差(ポスター,一般)  2008/09/17
10. 口唇形成術前の上顎歯槽弓形態計測方法の検討(2)−両側性唇顎口蓋裂について−(ポスター,一般)  2008/09/17
■ 資格・免許
1. 日本矯正歯科学会指導医