大阪歯科大学 教員情報      
   TOPページ   


  カタオカ コウスケ
  片岡 宏介   歯学部 歯学科   准教授
■ 最終学歴・学位
1. 大阪大学 歯学部 卒業
2. 大阪大学 歯学部 卒業 博士(歯学)
■ 学術研究論文
1. ヒノキチオールの唾液分泌型IgA抗体産生に与える影響  2018/07
2. Dendritic cell-targeting DNA-based nasal adjuvants for protective mucosal immunity to Streptococcus pneumoniae.  2017/06
3. ヒノキチール経鼻投与による抗原特異的IgA抗体産生への影響  2018/01
4. ヒノキチオールの唾液分泌型IgA抗体産生に与える影響  2018/07
5. 樹状細胞を活性化する経鼻アジュバントの開発-感染症・NCD制御を目指す-粘膜ワクチン  2017/01
■ 学会発表
1. 口腔内歯周病菌結合阻害能を有するヒト唾液タンパク由来ペプチドの至適温度の検討(ポスター)  2018/05/20
2. 樹状細胞誘導型経鼻DNAアジュバントによる鼻腔・呼吸器での歯周病菌由来抗原特異的免疫応答性(口頭発表,一般)  2018/05/20
3. 唾液total IgA抗体分泌におけるヒノキチオールの影響(ポスター)  2017/10/01
4. 樹状細胞誘導型経鼻DNAアジュバントによる鼻腔・呼吸器での歯周病菌由来抗原特異的免疫応答性(口頭発表,一般)  2001/05/20
5. Flt3 ligand発現DNAプラスミドとCpGオリゴヌクレオチドの経鼻同時投与による歯周病原細菌由来抗原に対する免疫応答(ポスター,一般)  2017/12/16
6. Flt3 ligand発現プラスミドは歯周病原細菌由来抗原に対する粘膜免疫応答性を強化する(ポスター)  2017/10/01
7. 病院歯科口腔外科における各種特殊感染症の検出に関する検討(ポスター,一般)  2018/05/19
8. 幼児の初期う蝕の動態(口頭発表,一般)  2018/05/19
9. 幼児の初期う蝕活動性の実態(ポスター,一般)  2018/05/20
10. 歯周病感染予防を目的としたヒト唾液タンパク由来ペプチドの構築とその実用化に向けて−歯周病原細菌口腔内定着を標的とする受動免疫型ワクチンの開発−(口頭発表,特別・招待講演等)  2017/08/31
全件表示
■ 受賞学術賞
1. 2005/07 国際粘膜免疫学会若手優秀賞
2. 2007/10 日本口腔衛生学会学会賞ライオンアワード
3. 2017/08 日本歯科医学会第33回「歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い」優秀発表賞
■ 資格・免許
1. 日本口腔衛生学会認定医
2. 日本口腔衛生学会指導医